Service Analytics でマネージャーはよりスマートに、サービスエージェントはより効率的に。そして顧客にはより満足度をお届けします。
 

Service Cloud とネイティブに統合されるため、関連するサービスデータをダッシュボードに即座に取り込み、Lightning Service Console に埋め込むことができます。これにより、サービスエージェントも豊富な情報にもとづいて意思決定できるようになります。 導入後、すぐに稼働でき、ROI を早期化できます。さらに、従来の Salesforce と同様に信頼性の高い、スピード、スケール、セキュリティを実現しています。

Service Analytics では、サービスエージェントとマネージャーが分断された分析ツール間を移動することなく、どこからでもインサイトの観点からケースをオープンしたりクローズしたりすることができます。 すばやく ToDo を作成して記録を更新し、コラボレーションによって解決の迅速化と顧客満足の向上を図ることができます。

サービスマネージャーは、顧客満足度(CSAT)、平均処理時間、1 コール解決率など重要業績指標(KPI)を 1 か所でまとめて見ることができるようになります。その結果、最適チームの養成やチャネル最適化が可能になります。  サービスエージェントは、顧客に対する 360 度ビューを確認することで作業を測定できるため、よりスマートなサービスの実現と同業他社のベンチマークが可能です。

プレビュー環境で実際のデータセットをお試しください。