信頼性とセキュリティを強化し、すべてのデータを統合し、Lightningを効率よく使用するためのさまざまなツールが提供されます。
 
 
mySalesforceは、お客様が自社のブランドでカスタマイズしたSalesforceアプリを、App StoreやGoogle Playで公開できるサービスです。 今回のリリースで、Salesforceのブランディング要素(ロゴ、カラー、アイコンなど)を自社ブランドのものに置き換え、独自ブランドのモバイルアプリとして配信できるようになりました。
 
GDPRに備えて機能を強化しています。新しく追加されたIndividual Objectには、権限を行使するシンプルな同意書と意思表明書を保存します。Big Objectのデータ削除とField Audit Trailのアーカイブの管理も拡張され、忘れられる権利の行使をサポートします。
 
Heroku Private Space Peeringは、隔絶されたプライベートネットワークを顧客が管理するAmazon Virtual Public Cloudのアプリやサービスに接続します。 顧客は、AWSのワークロードに安全かつプライベートに接続するアプリを、ディレクトリサービスのようにHerokuで構築できるようになります。
 
規制が厳しい業界の組織は、強力な暗号化をより機密性と専有性の高い規制データに埋め込み、暗号化キーのライフサイクル全体を管理できます。 今回のリリースで強化された点として、暗号化用に追加フィールドを設定し、新しい暗号化統計ページを設けています。 Spring ’18リリースでは、商談名、説明、次のステップ、契約住所、個人名など、暗号化の対象として新たなフィールドを利用できます。 新しい暗号化統計ページでは、組織のフィールドとファイルデータを暗号化して保存する範囲、および、最新のアクティブキーの使用・不使用に関する可視性が向上しています。
 
Salesforce Surveysでは、Salesforce Platformを活用してフィードバックやデータを収集するための美しく使いやすいフォームを作成できます。 顧客エンゲージメントの強化を目的に設計された柔軟性の高い調査・評価ツールで、回答はワンクリックで送信できます。 結果はSalesforceのレポートやダッシュボードに反映されます。
 
Einsteinプラットフォームサービスは、スキルレベルを問わず、あらゆるユーザーに画像認識機能と自然言語処理機能を提供することで、AI主導型アプリを迅速に構築できるようにサポートします。 Einsteinの統合されたREST APIをApexとHerokuで使用することで、あらゆる規模でディープラーニングモデルを容易に教育できます。 Einstein VisionとEinstein Languageを使用するアプリにディープラーニングモデルを統合して、テキストや画像から貴重な顧客インサイトを引き出し、これまでにないレベルの生産性を顧客に提供しましょう。