Summer '17 の App Cloud には、お客様の声とイノベーションの成果が、豊富に取り込まれています。おすすめ新機能をデモをまじえてご紹介します。
 
 
プラットフォームイベントを使用して、ほぼリアルタイムでビジネス部門と従業員のやりとりに対応可能。 イベントオブジェクトを使用してワークフローを起動できます。イベントオブジェクトとは、カスタムオブジェクトと同じように定義された新しいオブジェクトタイプであり、データベース中心の運用からイベント駆動型の運用への根本的なシフトを可能にします。
 
APEX や SOQL を使わずにレコードの読み込み、作成、編集、削除を行える標準コントローラー、Lightning Data Service によって Lightning の開発がシンプルに行えます。
 
待ち時間なしですぐに利用できる、Salesforce(SFDX)開発者向けの優れた CI、Heroku CI によって、美しい UI と多数の機能を実現可能。 Heroku は、公式にサポートするすべてのプログラミング言語と、多数のサードパーティビルドパックを継続的に統合することによって、他社製 CI ソリューションを圧倒しています。
 
Heroku Shield なら、Heroku で構築するアプリのパワーとセキュリティを強化することが可能。 BAA for HIPAA を遵守するために BAA を管理するなど、顧客データとプライバシーに関して厳しいルールを遵守する必要のある業界にも対応したアプリケーションを構築できます。
 
Identity Embedded Loginで、サードパーティの Web アプリケーションのユーザーを Salesforce の認証情報またはソーシャルプロバイダーを使用してシームレスに認証することが可能。 ユーザーの登録と認証は Salesforce から一元的に簡単にカスタマイズして管理できます。
 
Trailhead でSummer '17 リリースノートの特長を確認できます。
 
 

Summer ’17 リリースをさらに詳しく

Salesforce をすでにお使いのお客様は、 Salesforce リリースコミュニティにご参加ください。すべてのリソースに自由にアクセスできます。