新機能

マーケティング部門向けの変更点

 

 

Winter ’18 リリース登場! 最新機能をご確認ください

Facebook 広告の ROI の追跡、Einstein Analytics ダッシュボードの取り込み、全体的な生産性の向上など、多数の新機能を信頼できる使い慣れたクラウドで利用できます。
 

Marketing Cloud

 

Advertising Studio での Facebook に対応したリード分析

Facebook のリード獲得広告の ROI を、実際の収益発生時点まで長期的に追跡

Facebook や Instagram で展開したキャンペーンの ROI を、実際の収益が生まれるまでのカスタマージャーニー全体を通じて測定できるようになりました。 以前までは、フォームへの入力時点までしかリード獲得広告の成果を追跡できませんでした。 Pardot と Sales Cloud を Advertising Studio に接続すれば、重要なビジネス指標にもとづく広告の効果をシンプルなダッシュボードで追跡できます。
 

Mobile Studio での SMS とキャンペーンオブジェクトの統合

SMS マーケティングを営業、サービス、コミュニティのキャンペーンデータと統合

Salesforce のエンタープライズ SMS プラットフォーム MobileConnect により、Marketing Cloud Mobile Studio のユーザーが、Sales Cloud、 Service Cloud、または Community Cloud で作成されたキャンペーンに SMS メッセージを送信できるようになりました。 わずか数クリックであらゆる場所にいる多数の顧客にすばやくつながり、ターゲット層を拡大できます。
 

コマンドセンターでの Einstein Analytics ダッシュボードの表示

Einstein Analytics を企業のコマンドセンターに表示して、社内全体の情報共有を促進

コマンドセンター内に表示される新しい Einstein Analytics 画面により、社内の全員が重要なデータ分析情報を絶えず確認できるようになりました。 コマンドセンターの UI から直接すべての Einstein Analytics ダッシュボードを起動し、関心のあるデータをメール、ソーシャルメディア、ジャーニー、カスタマーケア、営業データなどと並べて表示し、比較することができます。
 

Salesforce DMP での オーディエンス発見レポート

対象となる市場全体を特定

Salesforce DMP の オーディエンス発見レポートでは、シンプルな単一のインターフェースを使用して対象となる市場全体を特定できます。 自社が所有するファーストパーティデータと使用可能なすべてのセカンドパーティおよびサードパーティデータを照合して顧客層(オーディエンス)の重なりを調べ、重要なオーディエンスを有しているパートナーを特定。さらにそのオーディエンスの商談をデータ提供者、カテゴリ、セグメント別に表示できます。 レポートの主な項目には、セグメント名、カテゴリ、インデックススコア、重複割合、価格などがあります。
 

Email Studio での コンテンツ共有

チームや事業部門全体でコンテンツを共有し、生産性を向上

コンテンツ共有により、Content Builder のユーザーがチームや事業部門全体でコンテンツを共有し、生産性向上を図ることが可能になりました。 Content Builder はマーケティング担当者が Email Studio のコンテンツを作成、編集、管理する際に役立ちます。 コンテンツの共有が可能になったことで、他のユーザーの意見を取り入れ、ブランドイメージに合致した魅力的なコンテンツのみを顧客に提供できるようになります。

Pardot

 

キャンペーンの影響を測定するアトリビューションモデル

すぐに使えるアトリビューションモデルを使用して、キャンペーンの影響を測定

すぐに使えるアトリビューションモデルを使用して、マーケティングキャンペーンの影響を追跡し、 パイプラインの構築と商談の成立に貢献しているキャンペーンを簡単に特定できます。