米国セールスフォース・ドットコム取締役

米国セールスフォース・ドットコムの取締役は、シリコンバレーの優れた企業を設立、支援した経験を持つ、極めて優れた人材が揃っています。

現在の米国セールスフォース・ドットコム取締役は次のとおりです。

マーク・ベニオフ
Chairman & CEO

Marc Benioff

マーク・ベニオフはセールスフォース・ドットコムの会長兼CEOです。ベニオフはクラウドコンピューティングのパイオニアとして、「クラウドをベースにしたテクノロジーモデル、従量制ビジネスモデル、社会貢献活動を統合した、これまでにないエンタープライズソフトウェアの会社を作る」というビジョンの下、1999年にセールスフォース・ドットコムを設立しました。画期的なアイディアからスタートしたセールスフォース・ドットコムは、ベニオフのリーダーシップの下、今やFortune 500企業の一社となり、世界で最も早く成長したトップ10のソフトウェア会社、そしてCRMを提供する最大の企業にまで成長しました。

革新的なアプローチにより、セールスフォース・ドットコムは、5年連続でForbes誌が選ぶ「世界で最も革新的な会社」の一社に、4年連続でFortune誌が選ぶ「ソフトウェア業界における最も称賛される企業」の一社に、そして8年連続でFortune誌が選ぶ「最も働きたい会社」に選ばれています。

ベニオフは、明確なビジョンを持ったリーダーシップと、イノベーションのパイオニアとして広く認知されています。Fortune誌が選ぶ「世界の最も偉大なリーダー50人」や「最優秀ビジネスパーソン」、そしてBarron’sによる「世界最高のCEO」の一人として選ばれ、Economist誌のInnovation Awardを受賞しました。またベニオフは、世界経済フォーラム評議員会のメンバーに名を連ねています。

ベニオフは、セールスフォース・ドットコムのリソースである、製品の1%、株式の1%、従業員の就業時間の1%を、地域社会に還元する社会貢献活動の「1-1-1モデル」を作り、世界中の非営利企業のミッション達成を支援しています。現在、700社を超える企業がPledge 1%を通じてこの1-1-1モデルを採用しています。ベニオフと彼の妻であるLynneは、カリフォルニア州サンフランシスコとオークランドにおけるUCSF Benioff Children’s Hospitalの設立を含む、子供たちの健康に向けた社会貢献活動や、公教育やホームレス、その他社会問題に注力しています。

ベニオフは、ビジネスが世界を変革する最大のプラットフォームであるという信念を持っています。ベニオフはより良い世界を実現するために、世界経済フォーラムの創設者であるKlaus Schwab氏が提唱する「マルチステークホルダー・アプローチ」を採用し、株主だけではなく、顧客や従業員、パートナー、コミュニティー、そして環境を含む全てのステークホルダーに対してリーダーシップを発揮しています。また、こうしたベニオフの姿勢は、彼の後に続くビジネスリーダーにも影響を与えています。

ベニオフは、CEOやビジネスリーダーのグループを率いて、LGBTQ(lesbian, gay, bisexual, transgender, questioning)コミュニティーに対する差別を促すような州の規制に抗議をしました。また、セールスフォース・ドットコムにおいて同一労働に対して男女平等の賃金が支払われるための給料評価システムを新たに設定しました。

ベニオフは、35年間ソフトウェア業界に従事しています。セールスフォース・ドットコムの設立以前は、13年間Oracle Corporationに在籍していました。ベニオフは15歳の時、彼が最初に立ち上げた会社であるビデオゲーム制作会社「Liberty Software」を設立しました。また、Apple Computer社のMacintosh部門に在籍し、アセンブラ言語のプログラマーとして務めました。ベニオフは、University of Southern Californiaにおいて、1986年に経営学の学士号を、2014年には同大学で文学の名誉学位を取得しています。

ベニオフは、全米ベストセラーである「Behind the Cloud(クラウド誕生)」を含む3冊の本の著者です。

キース・ブロック
Vice Chairman, President and COO

Keith Block

キース・ブロックは、セールスフォース・ドットコムの社長兼副会長としてグローバルセールス、カスタマーサポート、コンサルティングサービスの各部門を含め、顧客に面しているすべての業務を統括しています。

ブロックは30年近くにわたり営業、コンサルティング、エンジニアリングの責任者としての役割を歴任し、現職就任まではオラクル社において北米地域のセールスおよびコンサルティング担当エグゼクティブ・バイスプレジデントとして11,000名の組織を統括すると共に、売上数十億ドル規模のビジネスユニットを組織し、10年間で記録的な売上の成長と利益率の増加を達成しました。

26年間に及ぶオラクル社在籍中、ブロックは業種、ソリューション、市場セグメンテーションの支援に特化した営業モデルへの変革を主導する役割を担いました。また、オラクル社では同社の執行役員およびエグゼクティブ・マネジメント委員会メンバーも務めました。ブロックのキャリアは、Booz Allen Hamilton社における空軍幹部担当シニア・コンサルタントが出発点になっています。

現在、ブロックはセールスフォース・ドットコム取締役、米コンコード美術館理事会メンバー、カーネギーメロン大学ハインツ・カレッジ顧問委員会メンバー、カーネギーメロン大学客員評議会メンバーも務めています。

ブロックはカーネギーメロン大学で科学修士号(経営および政策分析)および学士号(情報システム)を取得していると共に、カーネギーメロンのハインツ・カレッジ(大学院)を卒業しています。

クレイグ・コンウェイ
Former CEO, PeopleSoft

クレイグ・コンウェイ

クレイグ・コンウェイは技術業界で最も傑出し成功したキャリアを持つ人物の1人です。彼は、 BusinessWeek で「 Top 25 Managers」の一人として認められ、 Computer Business Review では「Ten Most Influential People in High Technology」に選ばれ、NetwordWorld では「Fifty Most Powerful People in Networking」に選ばれています。

コンウェイは社長兼CEOとして、多くのテクノロジーカンパニーを成功に導いていますが、その中の1つとして最近ではPeopleSoftが挙げられます。コンウェイはPeopleSoftに1999年に入社し、技術業界でもっとも劇的な再建を始めました。業界初のピュアインターネットアーキテクチャの開発、新たな製品および市場への展開、実行を重視する彼のビジョンによって、PeopleSoftは世界で2番目に大きなビジネスソフトウェアプロバイダーとなりました。 2002年に Fortune誌はPeopleSoftを「Second Most Admired Company」に挙げ、Forbes誌は「Five Overachieving Companies」に挙げています。

2003年6月2日に、コンウェイはJD Edwardsの買収を発表し、これにより、PeopleSoftは世界150カ国に12,000人の顧客を持つ29億ドルの会社となり、企業再編の波を引き起こしました。その4日後、PoepleSoft自身、Oracle Corporationの買収対象となり、長い敵対的な買収の歴史が始まりました。18ヶ月後、PeopleSoftは103億ドルで売却されました。これは、Oracleの当初のオファーより40億ドル近く高く、コンウェイがCEOとして引き継いだ時よりも70億ドル以上高い価格でした。

コンウェイは、TGV Software、One Touch Systems、PeopleSoftの社長兼 CEO の職務に就いています。また、Oracle Corporationの副社長など、大手テクノロジー企業で幹部職に就いています。

アラン・ハッセンフェルド
Director, Hasbro, Inc.

アラン・ハッセンフェルド

アラン・ハッセンフェルドはHasbro, Inc.の会長です。同社は、家族・子供向けに娯楽を提供する世界トップクラスの企業で、29億ドルの収益を上げています。PLAYSKOOL、TONKA、MILTON BRADLEY、PARKER BROTHERSなど、人気のあるブランド商品を持つ優良企業です。ハッセンフェルドのHasbroでのキャリアは、1970年に始まりました。1978年にマーケティング&セールス部門の副社長に任命され、1984年には社長に就任、1989年に会長兼CEOとなりました。2003年5月から2008年2月まで、会長としての役職に専念するため、CEOの責務を譲渡しました。ハッセンフェルドは、Salesforce.com Foundationおよび、Hasbroの2つの社会奉仕部門、Hasbro Charitable TrustおよびHasbro Children's Foundationの役員を務めています。彼は、 Right Now! Coalition and Admiral of Rhode Island Commodores (州知事が任命する事業アドバイスグループ)の元会長です。ハッセンフェルドは、Bryant Collegeで人文科学名誉博士号、Roger Williams University および Johnson and Wales University で経営学名誉博士号を取得しています。

ネリー・クルース
Former Vice President of the European Commission

Neelie Kroes

ネリー・クルースは欧州委員会の前副委員長であり、競争担当委員、デジタルアジェンダ担当委員の経験もあります。 2004 年から 2010 年まで競争担当委員、2010 年から 2014 年までデジタル経済・社会担当委員および副委員長を務めました。 欧州委員会以前には、オランダ国会下院議員、政務官、および大臣を歴任してきました。 現在は、オランダ国内で急成長を遂げているスタートアップ企業のエコシステム確立を目的とした、公的および民間のパートナーシップであるスタートアップデルタの特使として活躍しています。 クルースはこれまで、Lucent Netherlands 社、AB Volvo 社、McDonald’s Netherlands 社の役員を経て、ナイエンローデ大学の議長も務めています。 また、エラスムス大学において経済学修士号を取得しています。

コリン・パウエル
General, Former U.S. Secretary of State, Former Chairman, Joint Chiefs of Staff

Colin Powell

米陸軍に35年間在籍し、陸軍大将を経て退役したコリン・パウエルは、これまでに国家安全保障担当補佐官、米陸軍総軍司令官、統合参謀本部議長、第65代米国務長官などの重職を歴任しました。陸軍在籍中は数々の勲章を受章しただけでなく、2つの米大統領自由勲章を受章しています。現在パウエルは Kleiner Perkins Caufield & Byers 社の戦略的限定パートナーであると共に、外交評議会の役員を務めています。また出身校であるニューヨーク市立大学シティカレッジでは Colin Powell School for Civic and Global Leadership の評議会(Board of Visitors)議長を務めています。Colin Powell School for Civic and Global Leadership は、ニューヨーク市立大学シティカレッジの中でも有名な他のスクールと並ぶ場所で2013年5月に開校したスクールです。また他にも子供や若者の健全な育成に欠かせない基本的な資源を提供することをねらいとした強力かつ効果的なパートナーシップ同盟、America’s Promise Alliance を創設し同会の名誉会長を務めています。

サンフォード・ロバートソン
Principal, Francisco Partners

サンフォード・ロバートソン

サンフォード・ロバートソンは、1960年代後半、West Coast technology banking as an industryを設立し、現在業界で最も著名な参加者の1人となっています。後にMontgomery Securitiesとなる会社を設立する前は、Smith Barneyの副社長兼役員でした。1978年には、IPO、合併、買収の最も重要な引受会社の1つ、Robertson, Stephens & Coを設立しました。1998年にその会社を売却した後、世界最大の技術分野対象のプライベート・エクイティ・ファンドであるFrancisco Partnersを設立しました。ロバートソンは、m m 3Com (NASDAQ: COMS)、America Online (NYSE:AOL)、Applied Materials (NASDAQ: AMAT)、Ascend, Dell Computer (NASDAQ: DELL)、E*Trade (NYSE: ET)、Siebel、Sun (NASDAQ: SUNW)など、急 成長を遂げている500社以上のテクノロジーカンパニーの財務に深く関与しています。また、Dolby Laboratories、Pain Therapeutics (NASDAQ: PTIE)、S chwab Fund for Charitable Givingの取締役、University of Michiganの学長理事となっています。

ジョン・V・ルース
Former U.S. Ambassador to Japan

John V. Roos

ジョン・ルースは元駐日米国大使であり、テクノロジー関連法を専門とする元弁護士です。 バラク・オバマ大統領から駐日大使に任命される前は、米国シリコンバレーに本拠を置く法律事務所 Wilson Sonsini Goodrich & Rosati の CEO を務めていました。

ルースが駐日米国大使を務めた 2009~2013 年は日米関係史上重要な期間であり、ルースは日本での大きな政権交代の時期を通じて、日米関係の維持に重要な役割を果たしました。また、2011 年 3 月 11 日にマグニチュード 9.0 の東日本大震災と、津波、原発事故が発生したときには、壊滅的な被害を受けた日本の対応を支援するという米国の使命実現に向けて指導力を発揮しました。この 3 月 11 日以来の精力的で効果的な指導力が評価され、2011 年 10 月には米国国務省から模範的外交官に与えられる「スー・E・コブ賞」を授与されました。

大使に指名される前、ルースは技術系、生命科学系、および新興の成長企業を専門とする米国の大手法律事務所 Wilson Sonsini Goodrich & Rosati で最高経営責任者兼シニアパートナーを務めていました。 在職中はソフトウェアと通信の発展からインターネット時代、バイオテクノロジーやクリーンテクノロジー、再生可能エネルギーの出現、さらにはソーシャルメディア革命に至るまで、シリコンバレーに押し寄せるさまざまなイノベーションの波をくぐりぬけて、同事務所を率いる一翼を担いました。

ルースはサンフランシスコに育ち、スタンフォード大学をファイ・ベータ・カッパの一員として優等で卒業後、スタンフォード大学法科大学院に進んで 1980 年に法学博士号を取得し、オーダー・オブ・ザ・コイフ (全米優等法学生会) のメンバーとなりました。職歴の全体にわたって公職に積極的に携わり、1991~1999 年にはカリフォルニア州の教育委員会の委員を務めました。駐日大使就任以前には、スタンフォード大学教育学学部長の諮問委員会および法科大学院長の諮問会議で委員を務めたこともあります。スタンフォード大学での長年にわたるボランティア活動が評価され、スタンフォード・アソシエーツのメンバーに選ばれました。

ラリー・トムリンソン
Former Senior Vice President and Treasurer, Hewlett-Packard

ラリー・トムリンソン

ラリー・トムリンソンは、Fortune 15 Corporationで35年以上のグローバル財務管理の経験を積んでおり、企業が急成長を遂げる時期も、緩やかに成長する時期も、収 益と販売利益の目標を達成する管理に重点を置いた豊富な専門知識を持っています。トムリンソンは1965年にHewlett-Packard Companyでキャリアを開始して以来、複数の国内外の部門で管理職の地位に就き、経理管理、税金、財務、受注処理、IT、流通、ロジスティクス、財務上の戦略的提携などの職責を担っています。以前は、カリフォルニア州サンノゼのHewlett-Packardの上級副社長兼財務部長でした。トムリンソンは 現在Coherent, Incの取締役に就任しています。

ロビン・L・ワシントン
Senior Vice President and Chief Financial Officer, Gilead Sciences Inc.

ロビン・L・ワシントン

ワシントンは 2008 年に Gilead 社に入社し、現在は同社のシニア・バイスプレジデント兼最高財務責任者としてグローバルファイナンス部門および情報技術部門を統括しています。 それ以前には Hyperion Solutions 社で最高財務責任者を務めていましたが、同社は 2007 年 3 月にオラクル社に買収されました。 Hyperion 入社以前は PeopleSoft 社で数々の要職を歴任し、最後はシニア・バイスプレジデント兼コーポレートコントローラを務めました。

ワシントンは、以前に Tektronix, Inc. (Danaher 社が買収) の取締役と MIPS Technologies Inc. (Imagination 社が買収) の取締役を務め、現在は Honeywell 社の取締役、サンノゼ子ども科学博物館の取締役、およびペパーダイン大学グラジアディオ・ビジネス・経営学大学院のボード・オブ・ビジターズのメンバーを務めています。

ワシントンは公認会計士であり、ミシガン大学でビジネス管理の学士号、およびペパーダイン大学で経営学修士号を取得しています。

メイナード・ウェブ
​Founder, Webb Investment Network; Co-Founder, Everwise; Director at Yahoo!, Visa, and Everwise

メイナード・ウェブ

メイナード・G・ウェブ・ジュニアは、新興投資会社である Webb Investment Network 社の創始者であり、社内メンターソリューションを提供する Everwise Corporation 社の共同創始者でもあります。クラウドベースのコールセンター事業を手掛ける LiveOps 社では、2006 年 12 月から 2011 年 7 月まで最高経営責任者を、2011 年から 2013 年までは取締役会長を務めました。それ以前は、e コマースと決済サービスをグローバルに展開する eBay 社で、2002 年 6 月から2006 年 8 月まで最高運営責任者を務め、さらに遡って1999 年 8 月から2002 年 6 月までは eBay Technologies の代表取締役を務めました。eBay 入社前は、1995 年 2 月から 1998 年 7 月までコンピュータネットワーク製品メーカーの Bay Networks 社でバイスプレジデント兼最高情報責任者を、1998 年 7 月から 1999 年 8 月までコンピュータメーカーの Gatway 社でシニアバイスプレジデント兼最高情報責任者を歴任しました。

ウェブは現在、Yahoo! 社、Visa 社、Everwise 社の取締役も兼任しています。過去には、インターネットベースの従業員リレーションシップ管理ソリューション会社である Extensity 社、情報技術リサーチおよびアドバイザリー企業の Gartner 社、業績管理ソフトウェア会社の Hyperion Solutions 社、情報技術管理およびガバナンスソフトウェア会社の Niku Corporation 社で取締役を歴任しました。ウェブはフロリダアトランティック大学で文学士号を取得しています。

スーザン・ウォジスキー
CEO, YouTube

Susan Wojcicki

スーザン・ウォジスキー氏は、世界でもっとも人気を集めているデジタルビデオプラットフォーム、YouTube の CEO です。YouTube は、全世界の 10 億に上る人々によって、情報へのアクセス、動画の共有に利用され、文化を生み出しています。 オンライン動画に早くから注目していたウォジスキー氏は、Google が 2006 年に行った YouTube の買収で中心的な役割を担いました。 現在は、YouTube のコンテンツと営業活動、エンジニアリング、製品開発の責任者を務めています。

2014 年 2 月に YouTube に加わる前には、Google の広告/コマース担当上級副社長として、AdWords、AdSense、DoubleClick、Google アナリティクスの設計とエンジニアリングを統括していました。 Google には 1999 年に入社し、初代のマーケティングマネージャーとして、現在主要なコンシューマー向け製品に成長している Google 画像検索、Google ブックスなどの黎明期をリードしました。 2002 年には、Google の広告製品担当に就任し、以降 12 年間にわたって広告担当チームを率いました。ウォジスキー氏のチームは、Google の主な収益源である広告事業の将来像の形成に貢献し、現在の礎を築きました。

ウォジスキー氏は、ハーバード大学を優等で卒業し、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で経営学修士号、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で MBA を取得しています。