いまだから考えたいBtoB企業のデジタルトランスフォーメーション

〜営業のマーケティング偏差値を向上させて、100年に一度の大変革を乗り切る〜

これまで通りの対面でのコミュニケーションが限定されるいま、多くのBtoB企業のみなさまが新たにオンラインコミュニケーションを通して営業活動を推進していく体制づくりを検討されているのではないでしょうか。

あたらしい体制をつくっていくにはこれまで以上に各部門での連携が必要となってきます。
部門を越えた評価基準の設計や、デジタルで顧客に最適にアプローチするためのデータベースの整備など、課題は山積しています。

本セミナーでは、日本のBtoB企業のマーケティングに30年以上携わっている
庭山一郎 氏をゲスト講師にお迎えし、現在の課題を紐解き、今後取り組むべき仕組みづくりや体制についてご紹介いたします。

▼こんな方におすすめです
・BtoBマーケティングの体制を再考している
・営業とマーケティングの部門を超えた活動が必要だと実感している
・新しい営業手法に取り組みたいが何から手を付けたらよいかわからない

 

日時 2020年6月26日(金)  14:00~15:30
参加方法 オンライン(WEBEXを利用します)
※ お申し込み頂いたメールアドレスへ視聴方法をご案内いたします
参加費 無料
対象 BtoB企業の役員、営業責任者、営業・マーケティング戦略を企画、立案する方
内容 14:00〜14:05 はじめの挨拶
14:05〜14:45 講演
 講師:シンフォニーマーケティング株式会社
 代表取締役 庭山一郎 氏
14:45〜15:00 デモンストレーション
 講師:Salesforce.com (http://salesforce.com/)
 Pardot担当マネージャー 加藤大典氏
15:00〜15:30 FAQ
登壇者
庭山 一郎 氏
1962年生まれ、中央大学卒。1990年9月にシンフォニーマーケティング株式会社を設立。データベースマーケティングのコンサルティング、インターネット事業など数多くのマーケティングプロジェクトを手がける。1997年よりBtoBにフォーカスした日本初のマーケティングアウトソーシング事業を開始。製造業、IT、建設業、サービス業、流通業など各産業の大手企業を中心に国内・海外向けのマーケティングサービスを提供している。
海外のマーケティングオートメーションベンダーやBtoBマーケティングエージェンシーとの交流も深く、長年にわたって世界最先端のマーケティングを日本に紹介している。
年間で150回以上に及ぶセミナー講師や、ノヤン先生として執筆している『マーケティングキャンパス』等、多数のマーケティングメディアの連載をとおして、実践に基づいたマーケティング手法やノウハウを、企業内で奮闘するマーケターに向けて発信している。
ライフワークとして、ブナの植林活動など「森の再生」に取り組む。

・中央大学大学院ビジネススクール客員教授
・日本人材ビジネス協議会(副理事長)
・IDN(InterDirect Network:インターダイレクトネットワーク:本部 ルーマニア)理事
・DMA(Direct Marketing Association:米国ダイレクトマーケティング協会:本部 ニューヨーク)会員

著書
『究極のBtoBマーケティング ABM(アカウントベースドマーケティング)』(日経BP社)
『BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方』(翔泳社)
『サラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん』(翔泳社)
『ノヤン先生のマーケティング学』(翔泳社)
『はじめてのマーケティング100問100答』(明日香出版社)

※ 内容は、予告なく変更されることがあります
※ 同業他社および当社の競合企業にあたる企業の方のお申し込みは、 ご遠慮いただく場合がございます。 何卒ご了承ください。

【お問い合わせ】
セールスフォース・ドットコム 関西支社イベント事務局
TEL:06-7634-8952
Email:jpkansaievents@salesforce.com
(平日 10 時 00 分 ~ 12 時 00 分 / 13 時 00 分 ~ 18 時 00 分)
 

フォームにご記入ください。

全項目に入力ください。
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.