以下は、お客様からお問い合わせいただくことの多い質問です。 質問をクリックすると回答をご覧いただけます。お探しの質問が見当たらない場合は、弊社までお問い合わせください。いつでもお答えいたします。 

Chatter は Force.com プラットフォームに直接組み込まれているため、Salesforce のすべてのセキュリティ機能によって保護されます。 Chatter には Force.com の共有モデルとユーザー権限が適用されるので、ユーザーが閲覧できるデータはアプリで閲覧する場合と同じです。 たとえば、営業担当ユーザーは自分のアカウントまたはロール階層で自分より下位にあるアカウントのみを参照できます。 ただし、プロファイル情報および投稿は、すべての人が閲覧できます。

Chatter には Facebook や Twitter などのサイトと同じアプローチが多数採用されていますが、Chatter はセキュリティが万全で、完全に非公開です。 

Chatter は、Salesforce の全エディションのユーザーにご利用いただけるうえ、追加料金は一切かかりません。 Chatter は、Salesforce ユーザーでない方でもご利用いただけます。 この Chatter の有料の Chatter ライセンスには、Salesforce のコンテンツライブラリ、Salesforce CRM のアイデアおよび回答機能、アカウントおよび連絡先への読み取り専用アクセス、Force.com プラットフォームが含まれます。

Chatter には Facebook や Twitter などのサイトと同じアプローチが多数採用されていますが、Chatter はセキュリティが万全で、完全に非公開です。 Chatter の中核にあるのは、人、グループ、アカウント、商談など、ユーザーがフォローすることを決めたすべてのものが含まれるフィードです。 主導権を握るのはユーザーです。 Chatter は Twitter や LinkedIn などのほかのソーシャルメディアサイトをモニタリングするためのアプリではありません。

Chatter には、他のビジネスコラボレーションツールと異なる点がいくつかあります。 Chatter 内で行われるコラボレーションは、すべてビジネスのコンテキストに即したものです。 ユーザーは、商談、取引先、またはケースによって Salesforce CRM 内で示される具体的なビジネス状況に応じてコラボレーションができます。 他のコラボレーションアプリではそのようなことはできません。 Chatter は、Force.com プラットフォームに直接組み込まれています。Salesforce のカスタマー、開発者、パートナーは、フィード、プロファイル、更新などの機能を、そのままの状態で利用できるので、 追加コードを作成しなくても、それぞれのアプリをお互いに非常に親和性の高い、互換性がよく、コラボレーションしやすいものにすることができます。 Chatter は、Salesforce の優れたセキュリティ機能、共有モデル、信頼性を継承しています。            

Chatter は完全に非公開なので、自社のセキュリティを確保できます。 Chatter への投稿を閲覧したり、コラボレーションしたりできるのは、社内のユーザーだけです。

Salesforce Files は、App Store から購入できる Chatter モバイルアプリで利用できます。 

お客様や社内のスタッフからは、毎日のようにChatter の効果的な活用例が報告されていますが、 Chatter の一般的な用途として挙げられるのは、社内の状況を把握する、ファイルを共有する、より密接に連携しながら共同作業をする、社内の専門家を探す、あるいは、メールのトラフィックを減らす、といったものです。 より具体的な例としては、 新たな競合相手が市場に参入してきた場合などがあります。競合対策として Chatter グループを活用すれば、部門を越えたチームを結成し、新たに発見したことやツールを共有できます。 また、営業部門の某マネージャーは、Chatter によってチーム全体の活動を把握したり、主な商談をフォローしています。そのため重要な商談に変化があっても、すぐに気づいて対応できます。 カスタマーサービス部門では、サポート担当者がお客様との電話中に、ナレッジベースに登録されている情報では解決できない問題に直面することがありますが、こんなときは、 Chatter のグループに投稿して数分待てば、他のスタッフが助言をくれます。 大企業にアプローチしたいと考えている営業担当者にも、Chatter はお勧めです。 Chatter で他の社員に相談すれば、その企業の重役と古い付き合いのある同僚が見つかるかもしれません。 また、マーケティング部門の某マネージャーは、人気のある製品のデータシートに大きな変更を加えるたびに、必ず営業部長のフィードにドキュメントを投稿しています。というのも、ほとんどの営業担当者が、その部長をフォローしているからです。Chatter グループなら、こんなシンプルな方法で大勢のメンバーと情報を共有できます。

Chatter は、すべての有料 Salesforce ライセンスに含まれています。 Chatter 招待により、社内の全員に無料で Chatter を展開することもできます。 管理者は、この機能をオンにして現在の Salesforce ユーザーが同僚を Chatter に招待することを許可するか、手動で Chatter ユーザーを作成することができます。

Chatter では、さまざまな場所で最新情報を投稿することができるため、社内のどのような人が自分の投稿を目にするのか、ということを事前に理解しておく必要があります。 ホームページ、またはプロファイルページのステータスボックスに入力された投稿は、すべての人が閲覧可能です。 同僚のプロファイルページで入力された投稿は、すべての人が閲覧可能です。 レコード(取引先、商談、ケースなど)、またはグループへの投稿はそのレコード、またはグループにアクセス権限のある人だけが閲覧可能です。

Chatter は、ビジネスのためのコラボレーションとコミュニケーションのツールです。 Chatter は、朝食で食べたものや前夜に見た映画の話ではなく、ビジネスに関する最新情報を投稿するためにお使いください。 ビジネスの場に相応しい情報を Chatter に投稿できているかをチェックするためには、[共有]をクリックする前に、この投稿を CEO や人事チームが読んでも問題ないかと自分自身に問いかけるといいでしょう。

グループは、特定の話題や個別の部署、または職務上の枠を超えたチームで情報を共有するのに最適な方法です。 グループは、完全に公開して誰でも参加可能にするか、完全に非公開にしてディスカッションを秘密にすることができます。

Chatter を使用すれば、取引先や商談といった Salesforce 内の個々のレコードをすべてフォローできます。 つまり、それらのレコードが変更されるたびに、すぐに通知されるということです。 Chatter を使用すれば、データの方から自分に話しかけてきます。

たとえば、Microsoft Office や PDF、さまざまなイメージファイルなど、ビジネス上使用される多くのファイル形式をダウンロードせずにフィード内ですぐにプレビューできます。

Chatter は、たとえばInternet Explorer 7(または、それより新しいバージョン)、Safari、Firefox、および Chrome など、ブラウザーのバージョンが新しい方がよく動作します。 Chatter は、Internet Explorer 6 では動作しませんので、このブラウザーをお使いのユーザーは、新しいバージョンにアップグレードしてください。

Chatter への投稿は、他の Salesforce のデータと同じように管理者、またはユーザーが削除しない限り、永久に保存されます。 自分自身の投稿や Chatter のアイテムを削除できるのはユーザーのみです。 Salesforce へのあらゆるアクセス権を持つ管理者も、Chatter 内の投稿を削除できます。

Chatter では、かつてないほど簡単にファイルを共有できます。 ファイルは、フィード、グループまたはレコード(取引先、商談、ケースなど)にアップロードすることで共有できます。 サイズの大きいファイルを送信したり、複数のバージョンを扱う必要はもうありません。

Salesforce Files では、任意のデバイスでファイルを共有したりコラボレーションしたりできます。 Salesforce Files は、デスクトップ、クラウド、モバイルなど、あらゆるデバイス間でのリアルタイムの同期機能を備えています。

はい、ファイルを同期フォルダーに配置すれば、標準の Salesforce ファイルと同じように[人]、[グループ]、または[レコード]と共有できます。

はい、ユーザーはオフラインで使用するファイルを選ぶことができます。

セールスフォース・ドットコムの製品、ソリューション、導入の流れ、その他ご不明な点があれば、いつでもお問い合わせください。豊富な知識と経験を持つ弊社のエキスパートがお答えします。

ご不明な点はお問い合わせください。 0120-733-257