以下は、お客様からお問い合わせいただくことの多い質問です。質問をクリックすると回答をご覧いただけます。お探しの質問が見当たらない場合は、弊社までお問い合わせください。いつでもお答えいたします。 

Quip は、生産性向上を実現するコラボレーションプラットフォームです。頻繁に更新されるドキュメントやスプレッドシート、タスクリスト、チームのチャット、CRM を組み合わせて、1 つのシームレスな体験を実現します。 Quip は、テスクトップとモバイルデバイスの両方に対応した完全なクラウドベースのサービスであり、みなさんに合ったの方法でチームと連携して作業を進められます。

Quip は、営業、サービス、マーケティング、製品、IT など、企業のあらゆるチームが、よりスマートに作業を進め、より効果的にコラボレーションを行い、生産性を向上できるように設計されています。 

Quip はチームにとって次のようなメリットがあります。

仕事を共同で進める – Quip は、チームの生産性向上を目的としています。 そのため、すべての機能がチームの連携を強化し、作業をよりスピーディに進められるように設計されています。

仕事をスマートに進める – Quip では、重要な決定や会話がドキュメント内で進みます。チームメンバーのメールに埋もれてしまうことはありません。 その結果、メールの使用やミーティング回数が減り、より多くの作業をこなすことができます。もちろんチームの満足度も向上します。

どこでも仕事ができる – Quip は最初からモバイルファーストで構築されました。 チームメンバーへのメッセージ送信からスブレットシートでの数式の同時編集まで、すべての機能がスマートフォンで動作します。 Quip により、ビジネスをどこにからでも容易に運営できるようになります。

CRM と連携 – Salesforce の一部として、Quip は独自の機能で企業のビジネスデータと次世代の生産性向上スイートをつなげ、チームのコラボレーションの促進とスマートな意思決定をサポートします。

Quip は、Mac(10.8 以上)、Windows(7 以上)、iPhone(iOS 8 以上)、iPad(iOS 8 以上)、Apple Watch、Android スマートフォン(4.0.3 以上)、Android タブレット(4.0.3 以上)、Web サイト quip.com(Chrome、Safari、Firefox)上で使用できます。

また、非常に満足度の高いモバイルエクスペリエンスも提供します。 Quip モバイルアプリは、iPhone(iOS 8 以上)、iPad(iOS 8 以上)、Apple Watch、Android スマートフォン(4.0.3 以上)、Android タブレット(4.0.3 以上)、Web サイト quip.com(Chrome、Safari、Firefox)上など、さまざまなプラットフォームに対応しています。

Quip では、データセキュリティへの取り組みを製品の中核に据えています。また、弊社のセキュリティに対する哲学も明確です。 弊社では、自分たちのデータに求めるのと同じセキュリティレベルでお客様のデータを慎重に保護します。 弊社の成功は、お客様の信頼を得られるかどうかにかかっており、その点を極めて重視しています。 信頼を得るきっかけとなるのが、お客様のビジネスデータの安全が弊社の製品で確保されるという安心感です。 現在では、 Facebook、CNN、Ultimate Software、Stripe、Electronic Arts など、多くの企業から信頼していただいています。

Quip は、 ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、日本語、韓国語、オランダ語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、トルコ語、簡体中国語の 12 言語に対応しています。

Quip 独自のドキュメントやスプレッドシートを作成できるほか、Microsoft Word ファイル、Dropbox、Google Drive、Evernote、メールアカウントから既存のファイルを直接インポートできます。 インポート可能なファイル形式は、.doc、.docx、.rtf、.txt、.xls、.xlsx、.csv です。

Salesforce のレポートも、ワンクリックで Quip のスプレッドシートにインポートできます。 そのメリットは、 データが同時に更新される点です。Salesforce で変更を行うと、Quip でも即座に更新されます。 このため、表示されているデータが最新かどうかを気にする必要がなくなります。

Quip は Salesforce と完全に連携します。 リアルタイムの Salesforce データを Quip の作業中のドキュメントに追加して、チームで分析や意見交換を行い、ビジネスについてより良い意思決定を行えます。 また、Salesforce 内で Quip コンポーネントを使用し、Quip のドキュメント、スプレッドシート、チェックリストをリンクしたり作成したりすることも可能です。

Quip は、他の Salesforce 製品とシームレスに連携するだけでなく、 Dropbox、Zendesk、GitHub、JIRA、Slack、PagerDuty、Jenkins、Twitter、Stripe などのツールとも連携します。

料金設定はシンプルです。 Quip Businessエディション の料金は、ユーザー当たり月額1200円です。 Quip を購入していただくと、リビングドキュメントの数は無制限、安全性に優れたモバイルコラボレーション、無制限の連携、サポートデスクなどを利用できます。

Quip Enterprise の料金は、ユーザー当たり月額 3000円です。 この料金には、Salesforce の統合、シングルサインオン(SSO)、エンタープライズ API、カスタマイズ機能、専任サポートチームなどの利用が含まれます。

はい。 Quip の全機能を検証していただけます。ユーザー数にもストレージ容量(ドキュメント、ファイル、メッセージなど)にも制限がなく、Quip の全機能をお試しいただけます。
Quip の検証は、これまで経験されたどの検証とも異なります。 登録日からの日数がベースの一般的な無料トライアルとは異なり、このトライアルは、お客様のチームによる Quip を介したコラボレーションがベースになります。 チームとして Quip を検証できる期間が事前に決められているのではなく、コラボレーション作業のレベルで決まるため、Quip を徹底的にテストできます。

繰り返しになりますが、Quip の無料トライアルではすべての機能を無制限に使用できます。 ユーザー数にもストレージ容量にも制限がなく、すべての機能をチームで自由にご利用いただけます。

たとえば、チームの 1 人がドキュメントを作成し、チームメンバーと共有すると、この一連の作業がカウントされます。 作業カウントが 100% に達すると、メンバーのアカウントは、Quip を購入するまで読み取り専用になります。 一般的に、Quip でコラボレーションを開始後、平均 15 ~ 30 日間でトライアル期間が終了します。