ソーシャルメディア対応のプラットフォーム上で、コールセンター、Webサイト、モバイルアプリを統合します。これにより、市民は1つのオンライン窓口から、サービスの申請や補足情報の追加、また必要に応じて担当部門に問い合わせができます。書類を提出したり、何度も出向く必要はありません。
通常の介護、子育てから、認知症ケア、児童虐待対策まで、幅広い分野で個々のケースを適切にマネジメントすることが自治体にとって急務です。
住民、職員、関係団体等にインターネットにつながった単一のシステムを提供することで、ケース管理サイクルを最初から最後までサポートします。
 
あらゆる情報源からの関連情報をインターネットでつながった 1 つのシステムに集約することで、職員の生産性を高め、顧客サービスを改善し、サービス提供費用を削減します。海外の自治体では、地域の交通機関の利用者に向けて最先端のテクノロジーを活用したコンタクトセンターを準備して、顧客満足度の向上を図っています。
災害時に集まるあらゆる情報源からの膨大な情報をクラウドシステムに集約することで、災害時の機動性を高め、関係機関との安定した情報共有が可能になります。このソリューションは既に多くの自治体において導入されています。
 
Salesforceのプラットフォームを活用すると、迅速かつ容易に、モバイルファーストのアプリケーション開発が可能です。
例えば、農業普及指導ソリューション、県産品管理ソリューション、観光客誘致ソリューション、などの様々なソリューションが簡単に活用でき、地方活性化に貢献します。また、Salesforceでは、和歌山県白浜町のサテライトオフィスを中心に働き方改革にもチャレンジしています。
Salesforce は各業界のニーズに合わせたソリューションを作り出し、貴社のビジネスの変革を支援します。まずは担当までお問い合わせください。