マーク・ベニオフはセールスフォース・ドットコムの会長兼CEOで、クラウドコンピューティングのパイオニアでもあります。ベニオフのリーダーシップの下、セールスフォース・ドットコムは今や世界で最も早く成長したトップ5のエンタープライズソフトウェア企業にまで成長し、グローバルをリードするCRMを提供しています。

ベニオフは、Forbes誌による「Innovator of the Decade」や、Fortune誌による2017年度の「今年の最優秀ビジネスパーソン」のリストで3位を獲得したほか、Fortune誌が選ぶ「世界の最も偉大なリーダー50人」、やハーバードビジネスレビュー誌が選ぶ「20 Best-Performing CEOs」に選ばれています。またベニオフは、世界経済フォーラム評議員会のメンバーとして名を連ね、サンフランシスコにおける第4次産業革命の世界経済フォーラムセンターの会長を務めています。

ベニオフはSalesforce.orgの会長も務めています。

ベニオフは、現在自身が評議員(the Board of Trustees)を務めている南カリフォルニア大学(University of Southern California)において、1986年に経営学の学士号を、2014年には同大学で文学の名誉学位を取得しています。