トニー・プロフェットは、セールスフォース・ドットコムのチーフ・イクオリティ・オフィサーです。その職務として、私たちが関わる多様性に富んだコミュニティを尊重した職場作り、あらゆる人が平等に生きることができる社会の促進に取り組んでいます。また、「テクノロジーの倫理的、人間的な使用」という新しいイニシアチブも推進しています。このイニシアチブでは、テクノロジーでお客様の成功を後押しするだけでなく、社会のより良い変化を促し、世界中の人々の生活改善を目指しています。プロフェットは、共同CEO兼会長のマーク・ベニオフの直属の部下です。若者を支援する団体、College Trackの役員も務めています。

以前は、Microsoft社で、Windowsおよびサーチマーケティング担当のコーポレート副社長としてWindows、Bing、Cortana、MSNのブランドを担当するなど、製品マーケティング部門の上級執行役を歴任しました。また、同社では「Blacks at Microsoft」の共同エグゼクティブスポンサーを務めたほか、Blackマーケターを支援する同社の組織「BlackLight」の初代幹部としても活動しました。

Microsoft以前は現在のHP Inc.で、それ以前はCarrier社(United Technologies Business)で、それぞれワールドワイドの業務オペレーションを指揮していました。それ以前は、Booz Allen Hamilton社のパートナーでした。

プロフェットはこれまでのキャリア全体を通じて、人権と社会正義の擁護者としての活動を続けてきました。その活動には、若い労働者の人権保護、発展途上国の女性労働者へ向けた健康問題に関する教育、移民労働者の子供たちのための学校改善、移住労働者流入の原因究明と対処などが挙げられます。また、サンフランシスコベイエリアの十代の低所得者に大学進学の機会を与える支援活動や、子供たちとHIV陽性の女性たちのための医療改善支援などを中心に、社会奉仕にも積極的に取り組んでいます。

プロフェットの活動は広く認知されています。全米科学アカデミーのエネルギーおよび環境委員会の委員に任命され、中国の3 Gorges Awardと中国上海のMagnolia Silver Awardを受賞しています。さらに、Booz Allenのクライアント業務の最高賞であるProfessional Excellence Awardも受賞しています。

プロフェットは、General Motors Institute(現ケタリング大学)で生産工学の学士号を、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得しています。