Salesforce は、テキサス州に日々新たな価値をもたらしてくれます。”

最高執行責任者 トッド・キンブリール氏
 

教育や行政が最新テクノロジーに乗り遅れる、というのはよく聞く話です。しかし、米国テキサス州の情報資源管理局 (Texas Department of Information Resources、以下 DIR) は違います。職員たちは、州の教育機関や地域の行政機関がその使命を遂行できるよう、常に先を見据えて、テクノロジーソリューションやアドバイスの提供を行っています。コスト効率にすぐれた使いやすいアプリケーションが Salesforce を使って次々開発されており、現在では、125 を超える州の機関、数千に及ぶ各地の行政機関や教育機関が活用。ソーシャル、モバイル、クラウドという最新テクノロジーによってテキサス州の人々の生活を支えています。

Salesforce1 Platform では、あらゆるモバイルデバイスで実行可能なクラウドアプリケーションを短期間で開発できます。これは、「市民をサポートする州の行政機関を支援する」という DIR の取り組みを支える基盤になっています。

最高執行責任者のトッド・キンブリール氏は、こう語ります。「21 世紀型のテクノロジーを取り入れる場合、導入が容易で、使いやすいことが重要です。開発では、まず Salesforce ありきで考える、"Salesforce ファースト" を徹底させました」

Salesforce はまず、購買契約の管理に利用されました。その結果、テキサス州全域の行政機関が、事前に取り決められた契約のもと、あらゆるものを同一条件で購入できるようになりました。対象は、デスクトップコンピュータ、モニターからプロフェッショナルサービスに至るまで、広範囲に及びます。DIR ではその後も 25 を超えるアプリケーションを開発し、資産管理、予算編成、ヘルプデスク、ポートフォリオ管理などに活用しています。Salesforce1 Platform によって、従来のプラットフォームよりも短期間でアプリケーションを開発できるようになりました。「3 週間でアプリケーションが完成します。他のソリューションを使っていたら最低でも 1 年半はかかるでしょう」と、キンブリール氏は評価しています。

Salesforce でのアプリケーション開発は、スピーディーなだけではありません。コスト効率も高く、健全な財政運営を確立するという DIR の目標にとって不可欠な要素になっています。キンブリール氏は次のように説明します。「Salesforce を導入したことで、効果的な予算の使い方ができるようになりました。Salesforce では、一定の料金でアプリケーションをいくつも追加していけるので、コストは抑えたまま IT からより多くの価値を得られます」。さらに、アプリケーションの多くはシステム管理者が開発し、専任の開発者を増やす必要がないため、人件費の節約にもつながっています。

 

現在、テキサス州の行政機関の間では、在宅勤務やBYOD (自己所有デバイスの持ち込み) の実現を望む声が高まっており、DIR でもモバイルアプリケーションの開発に重点的に取り組んでいます。たとえば、「新法案追跡ツール」はそうした成果の 1 つで、行政機関の高官たちはスマートフォンや iPad から最新情報をリアルタイムで確認し、いつでも詳細な議論を進められるようになりました。職員に対しては、タイムシートの登録や承認申請などのプロセスをモバイル化。外出時や、議会で証言を待つ間の時間などを効率的に利用できるようにしています。さらに、Salesforce Chatter も活用し、どこにいても容易にコミュニケーションして協力し合える仕組みを実現しています。

キンブリール氏は自信を持って次のように語ります。「Salesforceで開発したカスタムアプリケーションで、ニーズに応えられなかったことは一度もありません」

 
Sales Cloud, Pardot, 製造, 100名-500名
Sales Cloud, 教育, 100名-500名, アメリカ
Service Cloud, 小売・流通, 100名-500名, Community Cloud
Salesforce 製品、価格、実装方法、その他何でも、ご不明な点があればお尋ねください。高度な訓練を受けた弊社の担当者がいつでもお待ちしております。
ご不明な点はお問い合わせください。 0120-733-257